お知らせ | 名古屋市で防水工事や雨漏り調査なら「株式会社 コマキ技建」

お知らせ | 名古屋市で防水工事や雨漏り調査なら「株式会社 コマキ技建」

お知らせ

防水工事が必要な劣化サインとは

防水工事が必要な劣化サインとは
防水工事は年月とともに劣化し、その兆候が徐々に現れてきます。防水機能が衰えてしまうと、塗装部分にひび割れや部分的な剥がれといった現象が確認できます。
ひび割れにも度合いがあり、細かい線が数箇所に入っている程度でしたら、トップコートのみが劣化している可能性があります。
さらに防水材にまで劣化が生じると、亀裂の間に隙間が確認できる、もしくは剥がれ落ちている部分があるといった状況が起こります。
防水シートを使用している場合は、部分的に剥がれや亀裂が確認できれば劣化のサインです。最初は部分的であった劣化は少しずつ進行し、やがて建物内に雨水が浸入すると、壁や天井といった部分にシミが確認できるようになります。
名古屋で防水工事を行っている【株式会社 コマキ技建】は、漏水調査診断士の資格保有者がおり、雨漏りを診断しております。少しでも雨漏りを疑ったならお気軽にお電話下さい。
名古屋で防水工事を実施するなら【株式会社 コマキ技建】に相談しよう~ベランダ、屋根、床もお任せ~

お問い合わせはこちらから