コラム

コマキ技建 >> 防水工事は名古屋の【㈱ コマキ技建】で~ベランダ、屋根、床で起こる劣化のサインとは?~

防水工事は名古屋の【㈱ コマキ技建】で~ベランダ、屋根、床で起こる劣化のサインとは?~

防水工事が必要な劣化サインとは

防水工事が必要な劣化サインとは

防水工事は年月とともに劣化し、その兆候が徐々に現れてきます。防水機能が衰えてしまうと、塗装部分にひび割れや部分的な剥がれといった現象が確認できます。

ひび割れにも度合いがあり、細かい線が数箇所に入っている程度でしたら、トップコートのみが劣化している可能性があります。

さらに防水材にまで劣化が生じると、亀裂の間に隙間が確認できる、もしくは剥がれ落ちている部分があるといった状況が起こります。

防水シートを使用している場合は、部分的に剥がれや亀裂が確認できれば劣化のサインです。最初は部分的であった劣化は少しずつ進行し、やがて建物内に雨水が浸入すると、壁や天井といった部分にシミが確認できるようになります。

名古屋で防水工事を行っている【㈱ コマキ技建】は、漏水調査診断士の資格保有者がおり、雨漏りを診断しております。少しでも雨漏りを疑ったならお気軽にお電話下さい。

名古屋で防水工事を実施するなら【㈱ コマキ技建】に相談しよう~ベランダ、屋根、床もお任せ~

名古屋で防水工事を実施するなら【㈱ コマキ技建】に相談しよう~ベランダ、屋根、床もお任せ~

防水工事は名古屋をはじめ、三重県の桑名や四日市からもご依頼を受付ける【㈱ コマキ技建】にお任せ下さい。1988年設立の【㈱ コマキ技建】は、FRP防水、雨漏り調査や浴室用シート施工、滑り止め塗装工事を行う会社です。

ベランダ屋根、床といった部分の防水は、環境等によりメンテナンスの期間が異なります。劣化のサインに少しでも早く気づけば、その分建物へのダメージを防ぐことができますので、気になる点がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

防水工事は名古屋の【㈱ コマキ技建】へ~サービスの強みは調査にあり~

名古屋で防水工事の実施を検討されている方は、【㈱ コマキ技建】にお電話下さい。名古屋で防水工事を行っている【㈱ コマキ技建】は、建物の知識と経験を生かした有資格者の診断士が調査を行います。

目視調査では設計図面に基づき、屋内構造を把握した調査員1名でハンマーチェックなどを行います。疑わしい場所に水を掛ける水掛調査は調査員2名で行います。診断結果は基本口頭でお伝えしておりますのが、ご希望があれば有料で報告書作成も可能です。

お役立ちコラム

名古屋で防水工事に関することなら【㈱ コマキ技建】へ

社名 ㈱ コマキ技建
所在地 〒466-0851 愛知県名古屋市昭和区元宮町6-53-1
電話番号 052-751-7820
URL http://www.komaki-giken.jp
pagetop